2011年4月16日土曜日

こ物撮影

タブロイド紙を制作するにあたりこ物の撮影を自分でしました。小さいので窓辺に台を用意して晴れた日に自然光で撮影。バックのスクリーン代わりにしたのは画用紙。少し古くヤケていてアイボリーに近い色。始めは後藤さんに借りた一眼のデジカメで接写。とても綺麗に写るのですが何だかしっくりしません。テスト用に撮っていた自分のカメラEXILIM ZOOM EX-Z80の画像の方が何だかしっくりきてピントの具合は曖昧でしたがタブロイド紙に印刷する事を考えるとピントのシャープさよりも、柔らかい雰囲気がタブロイド紙の更紙にはこっちかな?と思い残りのこ物も全て撮り直してみました。
思い返すとこのカメラ、当時で世界最小という売り文句で発売していたもの。こ物展的にはぴったりのカメラでした。凝縮された被写体に凝縮されたカメラ。最小だけにポケットの納まりはよく重宝しています。