2011年3月9日水曜日

タブロイド紙を作りながら

後藤さんにプレゼントしていた小さい物がきっかけでタブロイド紙を作る事になりましたが、これまで古道具を商ってきてこんなふうに古物をクローズアップして見た事があっただろうか?と思い返してみたり。blogの写真に登場しているタブレット瓶は高さ3cm 幅1cm。肉眼だとラベルの文字も読みにくい。
ある日、手元にあるデジカメで撮ってみたところパソコンに読み込まれたデータに写る瓶は何だか別物に見えてそして大きさも実物より遥かに大きく感じたのです。
ならば?と次から次へと小さい物たちを撮ってみたところ、あたかも手頃な大きさであるかのように写っている品々を見比べてこのトリッキーなおもしろさを表現するには?
と閃いたのがタブロイド紙でした。タブロイド紙とは新聞の凝縮版。
凝縮すると言う意味のタブレットからきています。
最初に撮った瓶もタブレット入の瓶で凝縮された消毒薬。
他の集めたこ物は昔の技術が凝縮されているものたち。
halも小さな店内に器、衣服、嗜好品、書籍などの雑貨が凝縮された空間。
それに私の仕事の相棒であり愛車のミゼットⅡも貨物車の凝縮版。そして日本も文化や技術の凝縮された小さな国(広げ過ぎ)と極端に凝縮を巡らせ、
後藤さんが小さいものを愛でる気持ちのように凝縮されたものに惹かれていた自分を発見できました。
凝縮されたもの=タブレットがコンセプトの「こ物展」明日より始まります。
古くて小さな「こ物」のトリッキーなおもしろさをお楽しみください。