2011年2月28日月曜日

こ物的

こ物展スタートまであと10日になりました。
第二日曜日3月13日は「古道具市」こ物展にちなんだ品物も並びます!
楽しみはそればかりではありません。月一のあの販売やあの人のお茶、あの人までが特別に制作してくれた何か....
明日からお伝え出来ると思います。

ではまた明日!

2011年2月24日木曜日

こ物のこと

こ物展 タブロイド紙 準備は良好にすすんでおります。今日はDMに登場している木彫り熊を紹介します。「我が家にもある」「骨董市に必ず売っているよね」「鮭をくわえているよね」とよく聞きます。
こ物展では「こ物」的な木彫り熊をDMキャラにしてみました。
大きさはこんなかんじです。

「なんだ、こ物展そんな小さくないな」と思いました?

この熊が群を抜く大きい「こ物」です。
熊DM見かけましたらどうぞお持ち帰りください。よろしくお願いします。  

2011年2月22日火曜日

タブロイド紙

後藤さんからお話の続きが送られてきました。
本日はタブロイド紙のことです。
________________________________

「展示だけでなく何か作ってみない?」
と、のんちゃんから提案があった。
どれもが2~3cm程度のものだが
もともと本来のレギュラーサイズがあり
それとまったく同じデザインで、ただ小さくなっているものばかり。
だからこそ、かわいいのだ。
それで印刷物を作ることに決めた。
「ツルツルの紙ではなく、ザラッとした素材で」
「あまり大きいと貼る壁がないよね」
「しかも1枚よりも何枚かあった方が楽しいね」
「タブロイド紙みたいな感じで、どう?」
のんちゃんからアイデアがあふれ出た。

1ヶ月後「作ってみたよー」と封筒を抱えてのんちゃんは、やってきた。
早速見てみると、私なりにぼんやりイメージはあったがそれをはるかに上回る仕上がり!
「こんなにステキになるとは思わなかったー」
と、のんちゃんに失礼なことを言った。
でもそれはとても良い展開で、まず1枚作ったものを見て
右脳派の私には、相方の言わんとしていることがはっきり分かった。
とても好きな感じだった。
たとえばこの薬瓶
本物は小さいので、ラベルの字はとても読める状態ではない。
こうして画像を作ることで、初めて文字を読むことができた
…意味はさっぱりわからないけれど(爆)

余談だか、のんちゃんも左利き・蟹座・火星人と共通項が多い。
なんとなく根底に漂うものは似ているような気がする。
_____________________________

共通項が多いのですが、見た目共通項が無さそうな2人でもあります。
文中と写真にある薬瓶のことタブロイド紙に説明を載せました。
一体何が書かれていてこれは何でしょうか?
是非「こ物展」で観察を!

続きます。

2011年2月21日月曜日

「タブロイド紙」刷りあがりました。


本日印刷会社さんより刷り上がったタブロイド紙が到着。
解説用紙がプラスされて特別な包装を施して完成になります。
あと少し。お楽しみに!

2011年2月20日日曜日

私が展覧会をやるなんて

自分でもの作りをしていないし、オリジナル商品もない。
まわりにステキなものを作ってくださる方々がいるから
特に発案しなくても、十分おなかはいっぱいで間に合っていた。
自分自身も表現者というよりは、裏方の方が性に合っていて
ものを選んで「これ使ったらものすごく良かったです」
とお伝えする立場だと思っている。
これまでも展覧会は年に一度の「はるいちばん」と個展は数えるほどだった。

ある日の古道具市、いつものように実験道具やアルミのトランクなどを買って
嬉しくてニヤニヤしている私に「こんなのあったよ」と
のんちゃんは、また小さなおまけをくれた。
hal店内でいつも私が座っている背面に、飾り棚がある。
その一番下の段に、のんちゃんからもらった小さなものを並べている。
通称「見せびらかし棚」
100cmのうちの60cmくらいまでがその小さいもので埋め尽くされていた。
「この棚がいっぱいになった頃、展覧会やらない?」とのんちゃんからの提案。
その後「あれから考えたんだけどー」と彼女が話し出す時は2人展について
というのがすっかり読めるようになったほど
月に2回の古道具市の度に、いろんな話をした。
私からの提案は残念ながら大したことはなく(爆笑)
アイデア満載なのはいつものんちゃんで、さすがだなぁーと感心する。
合間に友人たちからも意見をいただいたりしながら
話を詰めていくとだんだん形になっていった。
私が展覧会をやるなんて考えてもみなかった、信じられない。
でも最も好きなもので表現する、しかも心強い相棒にも恵まれ
良い感じで背中を押された。
今はものすごく楽しくなっている自分がいる。
そうこうしている間に「見せびらかし棚」も小さいもので面積を占めていく。
集まるまでの7年というこの時間と大切な宝物
「これでタブロイド紙を作ろう」というのは、けっこう最初の方に出たものだった。

つづく
______________________________________________________________

後藤さんblog初連載? 『「こ物展」が出来るまでのこと 』 
まだまだ続きます!

2011年2月17日木曜日

「これまでの経緯」

halで古道具市が始まってから7年ですがあまり語る事がなかったので
これまでの経緯を後藤さんが書いてくれました。
_______________________________

東京在住の20代前半、原宿東郷神社の古道具市に寄ってから
同潤会アパートにある仕事場に向かうような女子だった。
嫁入り道具も古い家具ばかりで
「こんな粗大ゴミみたいのを持たせるなんて…」と母は嘆いたほど。
その後halを開店してまもなく、共通の友人を介してのんちゃんと初めて会った。

海外の古いものには興味がなく、日本のものでしかも骨董ではなく
そこそこ古いものが好きと言うと
「私も日本のものしか扱っていない」との返事。
のんちゃんは東京在住。
帰省のたびに、少しづつ古いものを分けてもらえるようになる。
これまでは時間をかけて足で探していたのにdoor to doorで買えるとは
私にとって夢のような出来事。
きっと彼女なりの好きな分野があるだろうに
素人の私に柔軟に合わせてくれる。
それはありえないことでありがたいことだった。

まもなく、店先で古道具市を月2で開催するようになり
地元の古いもの好きなお客さんにも、見ていただけるようにした。
その日は私も自宅や店で使うものなどを買う日。
いつしか「はい、これ好きでしょ」と小さなおまけをいただくようになる。
それが、はじまり。

つづく
________________________________

明後日頃に続きます! 

2011年2月10日木曜日

タブロイド紙

「こ物展」で「タブロイド紙」の制作も只今準備しております。
選ばれた「こ物」をじっくり観察出来るように印刷物にしてみました。
本日入稿中。あと少しで完成です。

2011年2月9日水曜日

いつから?

「こ物展」

2011年3月10日から「hal」で開催
halの営業時間と同じ10:30~15:00まで
展示期間は2ヶ月(もう少し延長あり)

halで7年前から始まった「古道具市」
その合間にhalと古道具市が密かに集めていた「ツボ」な物たちの展示です。